痩せたい人必見!ゴーヤのダイエット効果とおすすめレシピ3選

ゴーヤで痩せられるって本当?

ゴーヤに含まれる栄養素には、体脂肪の蓄積予防やむくみ解消、食べ過ぎ防止などの効果が期待できるため、ゴーヤの成分を適切に摂取することで痩せることができます。

また、ゴーヤは非常にカロリーの低い食材であるため、毎日摂取しても太る心配はありません。

ゴーヤダイエットとは?どうやってやるの?

ゴーヤダイエットとは、1日1/4〜1/2本程度のゴーヤの成分を摂取するダイエット方法です。

ゴーヤの成分を摂取するほか、食事制限などは一切ありません。

ゴーヤのダイエット効果

・体に脂肪がつきにくくなる
ゴーヤに多く含まれるビタミンB2や共役リノール酸には脂肪燃焼をサポートする働きがあり、体脂肪蓄積を予防してくれます。

・お通じを良くする
ゴーヤには便秘解消に効果のある食物繊維が多く含まれています。便秘が解消されると、お腹の張りが軽減されたり、老廃物が体外へ排出され体重減少につながったりします。

・満腹感が得られる
食物繊維は、お通じを良くするだけでなく、お腹の中で膨らんで満腹感を得やすくします。また、ゴーヤは1本(250g)あたり43kcalと非常に低カロリーです。
ゴーヤで料理のかさが増しても摂取カロリーはほとんど増えることがないため、たくさん食べられて満腹感が得られます。

ゴーヤダイエットを成功させるポイント

ゴーヤダイエットの注意点や成功させるコツをお伝えします。
ただひたすらにゴーヤを食べれば良いという訳ではない

ゴーヤは食べ過ぎると体を冷やしてしまい、代謝が下がるため、ダイエットには逆効果です。

また、食べすぎによって腹痛を引き起こすこともあるのでゴーヤは1日1/2個までとしておきましょう。

苦味を除く下処理をするのがおすすめ

ゴーヤの苦味が気になる方は、塩や砂糖でもみ込む、水にさらす、ゆでるなどの下処理をしておくことで苦味を軽減できます。

苦味を取り除くことで美味しく食べられ、ダイエットの持続にもつながります。

ゴーヤ茶で手軽にゴーヤの栄養成分を摂取!

ゴーヤ茶はゴーヤの成分を抽出して摂取できるダイエット効果の高いお茶で、ご家庭でも作ることができます。

ゴーヤ茶の特性

ゴーヤをお茶にすることで生のゴーヤの栄養分が濃縮されます。

煎じて飲むだけでゴーヤの成分を摂取することができるため、非常に手軽で取り入れやすいです。

ゴーヤ茶の作り方

ご家庭でも簡単に作ることができるゴーヤ茶のレシピをご紹介します。

材料
ゴーヤ1本

作り方
1.ゴーヤの種を除き、薄切りにする。
2.カラカラになるまで天日干しする。または、ゴーヤをクッキングシートに並べ、レンジで両面5分ずつ加熱する。
3.ゴーヤと種をフライパンで薄茶色になるまで乾煎りする。
4.湯で煎じて完成。

ゴーヤを使ったおすすめレシピ3選

ゴーヤのダイエット効果をさらに高めてくれるレシピを厳選してご紹介します。

・ゴーヤチャンプルー

材料 (4人分)
ゴーヤ 1本 20~30cm
豚肉 150g
木綿豆腐 200g
卵 2個
かつお節 1袋
○酒 大さじ1
○醤油 大さじ1 1/2
○オイスターソース 大さじ1
○和風だし ティースプーン1
ごま油 大さじ1
オリーブオイルまたはサラダ油 適量
小麦粉 大さじ1
塩、こしょう 適量

作り方
1.ゴーヤを切って塩もみし、塩水につけておく。
2.食べやすい大きさに切った豆腐をキッチンペーパーに包んで、レンジで加熱する。
3.豚肉に塩コショウ、小麦粉をまぶす。
4.油をひいて豆腐を炒め、取り出しておく。
5.ごま油を入れて豚肉、ゴーヤを炒める。
6.豆腐と○を入れる。
7.溶き卵を回し入れて、かつお節をいれて完成。

ゴーヤは油で炒めることで栄養が吸収されやすくなります。このゴーヤチャンプルーはオリーブオイルとごま油、豚肉の油を使用して炒めるため、ゴーヤのダイエット効果を高められるレシピとなっています。

・ゴーヤの塩にんにく炒め

材料 (4人分)
ゴーヤ 1本
サラダ油 大さじ1
おろしにんにく 小さじ1
塩 小さじ1/2
赤唐辛子 1~2本

作り方
1.赤唐辛子は種を取り、輪切りにする。
2.ゴーヤはたて半分に切って、わたと種を取り除き、薄切りにする。
3.フライパンにサラダ油・おろしにんにく・赤唐辛子を入れ、強火にかけ、温まったらゴーヤと塩を入れ、2分炒めたら完成。

にんにくや唐辛子などの香味野菜には代謝を高める作用があるため、ゴーヤとともに食べることでさらなるダイエット効果を狙うことができます。

・ゴーヤとしょうがの甘酢和え

材料 (4人分)
ゴーヤ 1本
塩 少々
しょうが 20g
酢 大さじ6
砂糖 大さじ2
塩 少々

作り方
1 .ゴーヤはたて半分に切って、わたと種を取り除き、薄切りにする。ボウルに入れて塩もみし、10分ほどおいて水気をよく絞る。
2.しょうがを千切りにする。
3.ボウルに1と2を入れ、酢と砂糖を加えて混ぜ合わせ、塩で味をととのえて完成。

体を冷やすゴーヤとは逆に、しょうがは体温を上げて体を温めてくれるため、ゴーヤによって代謝が下がるのを防ぐことができます。

まとめ

ゴーヤは非常にダイエット効果の高い成分が多く含まれている食材であることがわかりました。

苦味が気になったり飽きてしまったりしないかとゴーヤダイエットに抵抗のある方でも、下処理をして苦味を取り除く、ゴーヤ茶として成分を抽出して摂取する、ゴーヤ料理のレパートリーを増やすなどの工夫をすればストレスなく続けられます。

ゴーヤダイエットでは、ゴーヤの成分を摂取するほか食事制限は必要ないため、簡単にかつ健康的に痩せたいと考えている方に特におすすめです。

結論

ゴーヤはダイエットに効果的な食材であり、食べ方を工夫することで継続して摂取することができる